ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など。ホースコラボレーターの細江純子氏の予想が的中するとアクセス数が増えるブログです。

【ロシアW杯】アサヒ芸能・細江純子コラム代表メンバー発表【23作】

はじめに

今のサッカー日本代表はヤバイらしい。このままではワールドカップで恥をかいてしまうという。

ところで「恥ずかしい」とは何だろう。一般的に言えば、「人様に顔向けできない」という感情のことである。

ぶっちゃけてしまうと、このブログは恥ずかしい。恥の産物である。しかし私には「人様に顔向けできない」という感覚はほとんどない。インターネットの匿名性に守られているからである。

顔を出さなければ、どこまでも恥ずかしいことができてしまう。または残酷なことができる。それが人間という生き物。その一方で顔を出しながら恥ずかしいことができる人間も世の中には存在する。細江純子はその一人だ。

細江純子は信じられないほど下品なコラムをアサヒ芸能に連載している。これが読み物としてかなり面白い。「人様に顔向けできない」内容であるが、「どこへ出しても恥ずかしくない」出来なのだ。ホソジュンコラムはもはや恥で作られた芸術である。

私は自らの恥をコンテンツ化できる細江純子のことが羨ましいのだと思う。人様に顔向けできないようなことを堂々と続け、人を笑わせ、それが収入になる。そういう人生ってよろしいやん。

そういうわけで、W杯開催を間近に控えた世の中の浮かれムード(?)に便乗して、アサヒ芸能細江純子コラムから23作の「代表」を選定してみた。これはホソジュンコラムビギナーへの「ホソジュンコラム入門」でもある。シモネタの力で雨季のジメジメとした鬱屈を吹き飛ばしてほしい。

【GK】

・タイトル不明(2014/08/01)

ウマ娘』の視聴者にも是非読んでもらいたい快作。リンク先では「夏の馬房の前は扇風機だらけ」という全く内容と結びつかないタイトルがつけられている。この前週も同じタイトルだったため、おそらく編集のミスだろう。

・「「おい、チクビ!」と声をかけられる日々」(2016/06/17)

シモネタ大好きアラフォー女性競馬評論家の悲哀がこれでもかと伝わってくる回。

・「2走前の東京新聞杯(1着)の内容から武豊騎手騎乗リスグラシューに期待!」(2018/05/11)

ノーベル文学賞ものの名作。ノーベル文学賞の選考主体はセクハラ問題の禊にあえて細江純子先生を受賞させるべきだと思う。

【DF】

・「馬の想像妊娠を初めて見た」(2013/07/12)

息子(現4歳)の妊娠中に書かれた回 。非常に生々しい。

・「ヌーヴォレコルトの勝負根性には脱帽!」(2015/05/15)

レジェンド騎手集結回。南井克己の天然っぷり。

・「TENGA与えてくれる極上の一時」(2015/05/29)

純子が「アウトデラックス」に出演した時に紹介された回・その1。すごく楽しそう。

・「R・ムーア騎手のDNAが欲しい!」(2015/12/11)

「ボルトより受け入れやすそう」と評されるライアン・ムーア

・「ヤマカツエースはここがチャンス!」(2017/03/31)

「『夫のちんぽが入らない』を書いたのはホソエさんですか?」とわざわざ書店から連絡してくる知人Hちゃん。

・「前回とは違い好気配キタサンブラック◎」(2017/06/23)

狂気の発想。

・「パンダの赤ちゃんの名前でアンアン・イクイクを妄想…」(2017/09/08)

肝心の「チンチン」が出てこないのはなぜだろうか。

・「4歳の息子から注意されるなんて!?シモネタ卒業を本気で考えねば‥‥」(2018/01/19)

滋賀のスーパーでオチンチンと叫ぶ。

【MF】

・「私のアソコはカタイみたい!?」(2013/10/04)

息子を出産した翌週に雑誌に掲載された回。

・「ブラの中が“ブラジル”状態」(2014/07/04)

W杯ネタ。井崎先生の大喜利力が冴え渡る。

・「名手の腕にも期待モーリスが本命!」(2016/10/28)

「シモネタは救い」ーーーホソジュンコラムの主題が描かれる会心作。

・「ホッコータルマエは引退するまで本命!」(2016/12/02)

アサヒ芸能・細江純子コラムオブザイヤー2016。シモネタの存在理由(レーゾンデートル)を我々に問いかける名作。

・「京都外回りはプラス レッドエルディスト◎」(2017/01/13)

競馬学校時代の恩師すら唸らせた「サキダシ・アトダシ・ナカダシ」回。

・「息子と全裸ジャンプで熱唱 ついに夫にあきれられた…」(2017/09/01)

アラフォーあるある:ZARDを知ってる若者に嬉しそうに食いつきがち。

・「パンパンの良馬場ならSアラジンそれ以外ならレッドファルクス軸」(2017/11/17)

〈頼む、お願いだからアサヒ芸能を読んでおくれ!〉

・「下着売り場で判明した衝撃の事実! Aだと思っていたらDカップだった」(2018/05/18
)

初めて自分のフシダラさに気づいた43歳。

【FW】

・「2014年から現場復帰します」(2013/12/27)

「オッパイがパンパンのチクビがキュンキュン状態!」というコラム史においても屈指の破壊力を持つフレーズが登場。

・「内枠以外であればレッドアリオン軸」(2015/09/11)

伝説のボルト回。NIRVANAでいえば『NEVERMIND』、平井堅でいえば『楽園』に値する傑作。

・「前走でガス抜きLドンキ本命!」(2015/10/16)

純子が「アウトデラックス」に出演した時に紹介された回・その2。TPP回。

・「卒乳しても息子は乳搾りで大喜び!」(2017/03/03)

アサヒ芸能・細江純子コラムオブザイヤー2017。情報の暴力。

細江純子とアニメ・ウマ娘プリティーダービー

我らが細江純子、『ウマ娘プリティーダービー』で衝撃の声優デビュー

  3月の暮れ、我々に深い衝撃を与えた「細江純子、声優デビュー」の一報。

 それからほぼ一か月が経過しようとしている。声優たちの中に全くの素人が混じるわけだから、さすがにはじめのうちは違和感を覚えた。

 細江純子は間違いなく演技はできないが、しゃべりがおかしい人間では決してない。純子は長岡一也さん(競馬実況でおなじみのフリーアナウンサー)に話し方をレクチャーされていてるので、むしろ上手い部類の人である*1。大げさな言い方をすれば、純子はアナウンス技術を齧った競馬解説者といってもいい。だから純子がアニメで喋っているのは、ある意味局アナが自局のドラマにカメオ出演しているようなもの…そんなことを考えながらウマ娘を見続けていくうちに、純子が声優をしている状況に自分はすっかり慣れてしまった。

 そもそもの話をすれば、細江純子の演技よりもアサヒ芸能で連載している細江純子のコラムの方が数百倍酷い*2。演技程度でいちいちガタガタ言っていたら身が持たない。

我らが細江純子 対『ウマ娘』の細江純子

 ここからが本題。

 『ウマ娘』には作中に細江純子本人が登場する。声優・細江純子細江純子本人の役を演じているのだ。

 「本人役で本人が出演」は、競馬界では実は既に武豊騎手が通った道である。武豊騎手は『ごくせん』や『科捜研の女』にも本人役で出演している。数年前には『G1 DREAM』という競馬をテーマにした単発ドラマがあり、武豊騎手だけでなく、池添謙一騎手、福永祐一騎手、岩田康誠騎手、松田大作騎手(!?)が本人役で出演している。 

www.bsfuji.tv

 『ごくせん』や『科捜研の女』に出演する武豊騎手はおそらく私たちの知っている武豊騎手である。しかしながら『ウマ娘』の場合は話が違ってくる。ウマ娘』の細江純子は、私たちの知っている細江純子ではない。

 『ごくせん』の武豊騎手もフィクションに属しているという点では、「私たちの知っている武豊騎手」と厳密にはみなせないのかもしれない。ただ、「私たちの知っているあの武豊騎手」とみなしても何ら問題がない。『ごくせん』の世界にもJRAは存在し、ディープインパクトクロフネの主戦として現実同様に武騎手が数々のG1を勝っていると解釈しても、そこには何ら不都合がないし、それを妨げる要素は存在しない。

 一方『ウマ娘』の細江純子を「私たちの知っている細江純子」とみなすことには大いに問題がある。それは『ウマ娘』の世界には設定上騎手が存在しないからだ。よって『ウマ娘』の純子は、私たちの世界に存在する「JRA史上初の女性騎手」だった純子とは決定的に違う。

 現実の細江純子は「JRA史上初の女性騎手」だった細江純子であり、『ウマ娘』の細江純子は「JRA史上初の女性騎手」になれなかったifの細江純子である。ifの純子は現実とは異なるifの道を歩んできた。それにもかかわらず、ifの純子も現実同様に競馬解説者というキャリアに帰結している。ここに『ウマ娘』という作品が孕む強烈なテーゼが浮き彫りになる。即ち「if 対 運命」である。

if 対 運命

 『ウマ娘』ではif(史実にはない展開)が描かれる。

 作中ではエルコンドルパサーがダービーに挑戦するというifが描かれる。(現実の)エルコンドルパサーの現役当時は、外国産馬はダービーに挑戦できないというルールがあった。ウマ娘のifはこのルールをぶち破り、当時の外国産馬の運命に挑もうとする(どういう結果になるかは今現時点(4/22)では分からない)。

www.youtube.com

 OPでは更に象徴的なifが描かれる。サイレンススズカが98年の天皇賞・秋*3と思われるレースで、4コーナーを曲がり切り先頭でゴールへと向かう、というifである。その後にサイレンススズカスペシャルウィークが並んで走る場面まで含めて、筆舌に尽くしがたいものがある。

 人間はたらればが好きである。私もたらればは好きだ。とはいえ、ifも過ぎれば暴挙であると言わざるをえない。極端な話をいえば、ダービー馬になれないスペシャルウィークはもはやスペシャルウィークではないし、当時のルールに泣いてこそのエルコンドルパサーだといえる。それは「JRA史上初の女性騎手」でない細江純子が、私たちの知る細江純子でないことと同じことである。

 そもそも、スペシャルウィークたちが美少女の姿でいること自体がとてつもないifである。ウマ娘のifははじめから暴走している。ifの暴走を看過すれば、彼女たちはただ競走馬の名前を名乗るだけの存在でしかない。それゆえにifのルートを選択したとしても、必ず一つの結果に収束するようにしなければならない。ウマ娘たちに逃げ切れない運命を課すことで、同一性を確保しなければ彼女たちの名前はただの飾りにすぎない。『ウマ娘』はifの暴挙と運命の収束性の戦いである。逃げ切ろうとするifの後方から、運命が押し寄せてくる。こうした緊張感の上に『ウマ娘』は成り立っている。

 またそれは、たらればを求める私たちと運命・予定調和を求める私たちとの対立であるともいえる。サイレンススズカにあのまま勝ってほしかった私たちと、運命を受け入れようとする私たちの戦いでもあるのだ。

 このアニメにおいて運命への収束を求めることは、とある残酷な要請をすることに他ならない。それゆえ、正直なところ、私はこのアニメを見ていて胸の内に息苦しさを感じずにはいられない。

 『ウマ娘』の細江純子は、さしずめifの墓標である。『ウマ娘』の純子はウマ娘に先立って、運命に収束してしまったifである。「JRA史上初の女性騎手」でないifの細江純子細江純子であるためには、このような運命の収束性に身を委ねるしかない。「ifと運命の対立」を示唆することが作中における純子のレーゾンデートルである*4。純子の存在は話題性の付与以上の深みを『ウマ娘』に与えている…ナンチッテ。

*1:私の競馬はちょっと新しい
第5回 ホースコラボレーター 細江純子さん」参照

*2:ウマ娘には純子の乳首の話はありません

*3:サイレンススズカの後方を走るウマ娘は勝負服から察するに98秋天の本当の覇者オフサイドトラップだろう

*4:これが言いたかった

アサ芸・細江純子コラム傑作レビュー2018①

 はじめに

 当記事はアサヒ芸能で連載されている「 [ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話」から選りすぐりの回を抜粋し、レビューをしようというものである。

 昨年、私は毎週分のホソジュンコラムをすべてレビューしようと思い立ち、4か月で挫折した。このブログの月別アーカイブを見ていただければお察しになられるだろうが、私はマメにブログを更新するというタチの人間ではない。掲げた目標が高すぎたのである。ゆえに、今年は2,3か月に1度、一記事に3,4回分を厳選し紹介していこうと決めた。この試みを1年続けていく。遅くなったがこれが私の2018年の抱負である。

「ガバガバで走らない牝馬のアソコをホチキスで留めたら激走した…!?」2018/01/12

asageifuzoku.com

 2018年のホソジュンコラムは、キンタマを食いちぎられた調教師の話と医療用ホチキスでアソコを留められた牝馬の話ではじまった。これらの痛々しいシモネタは純子によるものではない。ヤッテマッタ発言で競馬ファンにおなじみのI騎手と競馬ワン〇ラーでおなじみのフリーアナウンサーA氏によるものである。ホソジュンコラムでは、このように純子以外の人物がシモネタの語り部となることも珍しくない。みんなシモネタが大好きなのだ。

 この記事最大の見どころは、「馬に睾丸を1つだけ噛む器用さがあるのか?」という純子の疑問に対するI騎手の「タマタマじゃない」という返答だろう。

 果たしてデムーロルメールにこの場面で「タマタマじゃない」という返しができるだろうか?きっとデムーロはたじろぎ、ルメールに至っては武豊に助け船を求めるだろう。「もうデムーロルメールより日本語が下手とは言わせない」と言わんばかりのI騎手渾身の返しである。

 レッツゴードンキとのコンビ復活で高松宮記念参戦がつい先日決定したばかりのI騎手。私はディープブリランテが好きで(キタサンブラックのことを「お利口なブリランテ」と呼んでいたくらいに)、ダービーを制し馬上で涙するI騎手の姿には胸が震えるものがあった。I騎手が目立たないG1戦線には寂しいものがある。是非とも競馬の方でもデムーロルメールに一矢報い、久々のG1勝利を飾ってもらいたいものである。

「4歳の息子から注意されるなんて!?シモネタ卒業を本気で考えねば‥‥」2018/01/19

asageifuzoku.com

 ホソジュンコラムが映像化するとしたら、最終回に使ってほしいようなエピソードである。

 クレヨンしんちゃんをさらにスケベにしたようなあの息子が、母親の下品な言動を諫める。パッと見まじめそうな競馬番組の女性解説者が連載中のコラムでドギツイシモネタを連発している、くらいの衝撃がそこにはあった。

 驚きだけではない。この回は私にある種の感慨深さを抱かせた。私はアサ芸のホソジュンコラム以外にも、netkeiba、JBISサーチで掲載されている細江純子氏のコラムも読んでいる*1。どのコラムでも、純子の息子の話題が頻繁に出てくる。それだけに、彼がシモネタを言う母親を注意し、徐々に社会化されつつあることに心が動かされるものがあった。会ったことすらない幼児の成長を「よかったなあ」と思う自分に気味の悪さを覚えながらも、温かい読後感を噛みしめるようにコラムが掲載されている風俗情報サイトのブラウザをそっと閉じた記憶が今でも鮮明に残っている。

 しかしなんといっても今回のシモネタコラムとしてのキモは、変わりつつある息子と対比されるように描かれるいつも通りの純子のシモネタだろう。

スーパーで大きなマツタケを見つけた私が「見て! 大きなオチ○チン」と、息子を笑わせようと指さすと

 このようなホソジュンコラムの歴史の中でも屈指のキラーフレーズのみならず

「じゃぁ、ウンチ+オシッコは?」

普段と変わらないどころかもはや童心に返ったとしか思えない発言も飛び出してくる。私もいい歳して下品な人間だという自負があるが、スーパーのマツタケを見て「大きなオ〇ンチン」と言ったり、ウンチとオシッコを足そうという発想が頭に出てくることは絶対にないだろう。考えてみれば、細江純子はただのシモネタ大好きおばさんではない。大人から子供まで、幅広い世代のシモネタ大好き人間たちと渡り合ってきた猛者なのである。私ごときが敵うはずがない。格が違う。

 息子の成長を実感する喜びと息子がシモネタから離れていく哀しみが入り混じりながらも、いつも通り、いや、いつも以上のシモネタを見せつけてくれた純子。この回は過去最高といっても過言ではない。ボルトの回や「先出し・中出し・後出し」の回すらもこの親子とシモネタの物語には太刀打ちできないだろう。文句なしの細江純子オブザイヤー2018最有力候補である。

「過去に書いた自分のコラムで大笑い 私が誇れるものは「シモネタ」だけ!?」2018/03/02

asageifuzoku.com

 とある人から「今年は今までとは違う流れになる」と言われ、実際に想像もしていなかった別分野での仕事や企業の方との出会いが生まれていると語る純子。「ここからどうやってシモネタにつなげるんだ?」と思いながら読み進めていく私を待ち構えていたのは、まさに想像外の衝撃の展開だった。

 自分でパソコンに「細江純子」と入力して検索してみると、なんと、わざわざ、このコラムのシモネタ部分をピックアップしてくださっているお方が! 読み返すと、ケラケラと笑えてしまい〈私、こんなにすばらしいシモネタの数々を書いていたのね〜〉と自分に驚きました。

 これまで顔=ブス、騎手=三流と、自分に誇れるものがなく人生を歩んできましたが、こんなすばらしい文章を書いていたなんて。記事を掲載してくださったジョイナスブログⅡ様とシモネタに感謝、感謝です。

 

 なんと、このブログのことがホソジュンコラムに取りあげられていたのだ。

 「細江純子 コラム」で検索すると、当ブログ「ジョイナスブログⅡ」は上位にヒットする。だから「ひょっとしたら本人が見ていてもおかしくはないかなあ」とは考えていた。しかしながら、本人からシモネタコラムで言及されるとは夢にも思わなかった。

 ホソジュンコラムの面白さを多くの人に伝えたい。そして、ホソジュンコラムが書籍化される流れになればいい。そう思って私はホソジュンコラムのレビューを書きだした。私は、反響を求めていた。しかし、まさかこのような反響がくるとは想定外だ。

 スマートフォンのディスプレイを見ながら驚きと動揺を隠せない私だったが、私のブログをきっかけに自分のシモネタを読み返し、ケラケラ笑ったという話に、「そりゃそうだよなあ」と冷静に納得する部分もあった。純子のシモネタを純子が笑う。それは当然だろう。シモネタとは、結局は自分が笑うために言うものなのだから。シモネタ大好き人間にとっての常識だ。

 つまる話、私のブログは純子のシモネタに純子本人を笑わせるという本来の役目を再び担わせるきっかけを意図せず与えたのだ。そう思うと、嬉しい気持ちになった。シモネタコラムの面白さが届くべき人に届いたのだから、自分もブログを書いた甲斐があったのだと感じることができた。もちろん、自分のブログを本人に取りあげてもらえたという事実だけでも嬉しかったわけだが。

 私のブログをきっかけに、自分のシモネタで笑ったという話をコラムに書いてくださった細江純子氏に感謝したい。そして、掲載してくださった徳間書店の方々にも感謝したい。氏の今後より一層の活躍を願うばかりである。

*1:どちらもエッセイテイストであるが、シモネタは一切ない。netkeibaの方のコラムとアサ芸のコラムのweb掲載日はどちらも金曜日なので、両者を読み比べてみるとまた違った面白みがあるかもしれない