読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など

ウイニング競馬MC鷲見玲奈という名の"少女"

 『Simoun』というアニメが今から10年前に放送されていた。

 『Simoun』はシムーンというアンモナイトのような形状の飛行艇を操る巫女たちの物語。このアニメの世界では人間はなんと全て女として生まれる。そして彼女たちは17歳になると性別を選択するのだ。

 作中、オジサンキャラが何名か出てくる。結婚し、父親となるキャラもいる。とんでもない話だが、彼らもみな昔は「少女」だった。主人公の巫女たちは現在進行形で「少女」である。性の選択をまだしていない「少女」でなければシムーン乗りの巫女になれないのだ。そんな巫女たちを見て、オジサンたちは物思いに耽る。「ああ、私も昔はあんな少女だったんだなあ…」と。

 

 私は競馬ファンである。過去形ではなく、現在進行形で競馬ファンとして生きている。実は競馬ファンになって5年も経っていない。ただ私なりに、競馬という娯楽と共に時間を費やした。もはや「ニワカ」とはいえなくなったと思う。

 「ニワカ」だったのは私だけではない。誰もが「ニワカ」だった。

 「ニワカ」という時期は最も熱い時期である。当然ながら「ニワカ」には知識と経験が足りない。だからこそ、「ニワカ」は欠けているものを埋めようと必死になる。そこに惰性はなく、情熱しか存在しない。

 

 鷲見玲奈アナ、彼女には競馬に対して真剣になる義務はきっとなかった。彼女は露出の多い服を着て、配当を読み上げるだけの存在でもよかったはずだ。

 鷲見玲奈アナの初登場時、我々視聴者は規格外の巨乳アナの登場に沸き立った。残念ながら、競馬の魅力は誰にでも伝わるものではない。しかし鷲見玲奈アナの胸の大きさは、老若男女問わず一瞬で理解できるほどのものだ。こんな胸が見られるなら、彼女がどうであれそれでいい。そう私は思った。

 しかしながら我々は、鷲見玲奈アナがただ乳がでかいだけの女子アナではないことに気付く。メインレースの名称にちなんだ自作バッジを彼女はその豊かな胸元につけて出演するようになった。彼女は番組に対して非常に熱心な女子アナだったのだ。そして競馬番組に真剣に取り組もうという姿勢は、鷲見玲奈アナに自ずと競馬に対してのひたむきさ、情熱を芽生えさせたに違いない。鷲見玲奈アナはこの2年の間に中央競馬中継の担当のアナウンサーにすぎないのにプライベートで大井競馬に足を運び、そこで3連単馬券を買っているような人間になってしまった。一般論として、中央競馬中継の担当のアナウンサーにすぎないのにプライベートで大井競馬に足を運び、そこで3連単馬券を買っているような人間は競馬ファン以外の何者でもない。

 

 鷲見玲奈アナが中央競馬中継の担当のアナウンサーにすぎないのにプライベートで大井競馬に足を運び、そこで3連単馬券を買っているような人間になってしまった2年の間、我々はウイニング競馬で何を見ていただろうか?私は巨乳を見ていた。しかしそれは50点の回答だ。巨乳を通して我々が見ていたものは鷲見玲奈という名の「ニワカ」だった。彼女はその大きな胸に競馬への情熱を宿し、だんだんと競馬を好きになっていった。

 我々もかつては、鷲見玲奈アナのような「ニワカ」だった。鷲見玲奈アナの艶めかしい胸・腋・腕・脚に喪失した自分の姿を、「ニワカ」だったころの熱い想いを、我々は見出していたのだ。それは『Simoun』のオジサンたちが巫女を見て「少女」だった頃の自分を思い出すような、懐かしく切なく、甘美なものだった。我々が喪ったものは鷲見玲奈アナの中に生きていた。しかしながら我々は、あと少しでウイニング競馬から鷲見玲奈アナを喪ってしまう。鷲見玲奈アナの中に確かに宿っていた、我々の熱い魂はどこへ行ってしまうのだろうか。