ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など

10位 ジャジャマーチャンの15

馬名:トゥラヴェスーラ 生産:社台ファーム 馬主:吉田照哉 調教師:高橋康之・栗東

db.netkeiba.com

  本馬の配合の最高の見どころはダイナサッシュ≒アドマイヤマカディ4×3のニアリークロス。

 ダイナサッシュ、アドマイヤマカディはノーザンテーストプリンスリーギフトが共通。そしてダイナサッシュの3代母Sylkoとアドマイヤマカディの母父父DariusはNearco、Solario、Arion、Securityが共通する相似な血…というのがこのクロスの根拠である。*1

 このニアリークロス該当馬はスノードラゴン(G1スプリンターズS)、ウインブライト(G2スプリングS)、ウインファビラス(G1阪神JF2着)、ペルソナリテ(OPダリア賞)と錚々たる顔ぶれ。少ないサンプルながら、打率、飛距離もなかなかなニックスといえる。

 私のように中途半端に血統をかじった人間は、ニアリークロスやニックスという言葉が大好きだ。これらをまるで成功を保証する魔法の杖のようにありがたがる。ただステゴ×マックのニックスがゴールドシップ以降目立った馬を出せていないように、ニックスというのは成功を必ずしも約束するものではない。ニックス以外の部分も吟味する必要がある。

 

 スノードラゴンら上記の4頭はCozzeneのしなやかさを感じる馬だ。一方募集時の立ち写真や出資者が社台Gツアーで撮影した写真を見た限り本馬トゥラヴェスーラにはノーザンテーストのずんぐりむっくりとした頑強さを感じる。ノーザンテースト5・4×4が強く影響したようである。

 そして母ジャジャマーチャンはピッチ走法で駆けた快速牝馬アストンマーチャンの全妹。父はピッチ走法の名馬ドリームジャーニー。この組み合わせからしなやかに前肢を伸ばして駆けるイメージは浮かばない。

 

 ミゼリコルデの15の記事でも触れたがドリームジャーニー産駒で出世している馬の母にはノーザンダンサーの濃いクロスがない。しかし、母ジャジャマーチャンはノーザンダンサー4×4と濃い。

 

 これらを踏まえるとドリームジャーニー×ジャジャマーチャンという組み合わせは、ダイナサッシュ≒アドマイヤマカディの成功例、ドリームジャーニー産駒の成功例とはズレた配合だといえる。反省したい指名だった。

 ただ母の濃いノーザンダンサークロスは早熟性の担保という意味では決してマイナスではないだろう。既に入厩済みで、ゲート試験にも合格済み。早くからの指導はできるだろう。調教師の期待が高い、というのは慰めになるだろうか。