ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など

9位 マイネヴィータの15

馬名:ヴィオトポス 生産:ビッグレッドF 馬主:ラフィアン 調教師:田村康仁美浦

db.netkeiba.com

 総帥のラッパは信じられなくても、「2歳戦のラフィアン」の看板は信じるに値する。開幕週の東京1400新馬戦は過去2年でペルソナリテ、マイネルバールマンとサラブレッドクラブ・ラフィアンの馬が連勝中。ラフィアンが同番組3連覇を目論んで送り込んできたヴィオトポスに注目するのは必然だ。その上ヴィオトポスの父は産駒の仕上がりの速さには定評のあるマツリダゴッホ。これだけでも指名ができる。

 

 唐突だがマツリダゴッホ産駒はDanzigとの相性がいい。母系にDanzigを持つマツリダゴッホ産駒の活躍馬はロードクエスト(G3新潟2歳S,京成杯AH)、アルマワイオリ(G1朝日杯FS2着)、ウインマーレライ(G3ラジオNIKKEI賞)、アリンナ(OP葵S)。どれも2歳時から活躍している馬ばかりだ。

 Danzigマツリダゴッホの相性を考えるうえでカギになるのはDanzigの母父父Crafty Admiral。Crafty Admiralはマツリダゴッホの母母父Affirmedの母の父なので、Danzigを母系にもってくるだけでCrafty Admiralのクロスが発生する。

 Crafty Admiralは母父は米三冠馬War Admiral。そこにSir Gallahad=Bull Dogの全兄弟クロス2×3、Commando4x5と北米競馬の名血が詰まっている血統構成。

 血統表 Crafty Admiral

 ヴィオトポスの牝祖オカノブルーの父ネプテューヌスCrafty Admiralの孫。つまりこの牝系の繁殖牝馬マツリダゴッホを種付けするだけでCrafty Admiralのクロスを持つ馬が生まれてくるのだ。マツリダゴッホ×オカノブルー牝系という組み合わせは中央デビューした6頭中4頭が勝ち上がっている*1。その中にはつい昨日*21000万特別を勝ったエントリーチケットや現1000万級のウランゲルも含まれる。マツリダゴッホと相性のいい牝系といっても差支えがない。

db.netkeiba.com

 

db.netkeiba.com

 血統派としての指名の決め手はもう一つある。それはFlower Bowl≒Your hostのニアリークロスだ。Flower BowlはGraustark-His Majesty兄弟の母としておなじみの名繁殖。Your hostはソシアルバターフライの父で、つまりはトウショウボーイの母の父である。Flower BowlはYour Hostの甥にあたり、父は同じAlibhai。したがって両者は3/4同血の関係だ。

Boudoir(Mahmoud)
├Flower Bed(Beau Pere)
│└Flower Bowl(Alibhai)
│ ├Graustark(Ribot)

│ └His Majesty(Ribot)

Your Host(Alibhai)

 ナリタブライアン産駒として重賞制覇に最も近づいたヴィオトポスの母マイネヴィータは、Flower Bowl≒Your host5×4。ヴィオトポスはマツリダゴッホの母父ベルボライト*3経由でこのクロスを継続する。自身にFlower Bowl≒Your hostのニアリークロスをもつマツリダゴッホ産駒は他にアルマワイオリ(朝日杯2着),エクラミレネール(ニュージーランドT3着)がいる。

 マツリダゴッホ産駒はゴッホの母父ベルボライドの影響か、早熟で距離適性が短めの馬が多い。早く勝ち上がる反面、底力にかけるのか上のクラスになると苦戦しがちだ。そんなマツリダゴッホに欧州的なスタミナを供給するしているのがAlibhaiであり、その産駒のFlower Bowl。Flower Bowl≒Your hostはAlhibaiを経由するニアリークロスであり、このクロスが上のクラスでも通用するマツリダゴッホ産駒を産み出す仕掛けになると自分は考える。暇な人はマツリダゴッホ産駒の賞金獲得上位馬の血統を見てほしい。Flower Bowl≒Your hostはなくてもそのほとんどにAlibhaiのクロスか、Alibhaiと血統構成の似たLady Angela3×2のノーザンテーストが母系にあるはずだ。

 Crafty Admiralのクロスを根拠にしたオカノブルー牝系とマツリダゴッホの相性の良さ。Flower Bowl≒Your hostという上のクラスでも通用できるマツリダゴッホ産駒を産み出すニアリークロス。この二つの血統的な推し要素と「仕上げの速さに定評のあるマイネル軍団が、仕上がりの速さには定評のあるマツリダゴッホ産駒を過去2年で2勝している開幕週の東京1400で使ってくる」という馬主事情的な要素の合わせ技で指名したヴィオトポス。苦笑いしたくなる蛇行も見せたものの、幸先よく1勝して自分の期待に応えてくれた。鞍上柴田大知が必死に促しながら追走していたので、1400は明らかに忙しそう。距離延長になるであろう次戦が楽しみだ。

*1:当然全馬が「マイネル/コスモ」冠の馬

*2:2017/6/10

*3:母父Graustark