ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など。ホースコラボレーターの細江純子氏の予想が的中するとアクセス数が増えるブログです。

細江純子オブザイヤー2017

 ちょうど馬券を外して「買わなければよかった」と後悔するように、ホソジュンコラムを「読まなければよかった」と思ってしまうことが私にはある。ホソジュンコラムでは、時折、いや、かなりの頻度で細江純子自身のシモの事情が掲載される。率直に言うと、純子のシモの事情は知りたくない。アラフォー女性のセックスレスや乳首の色や大きさを知って喜べる精神回路は私にはない。ただ、後味の悪さが残るだけである。

asageifuzoku.com

 読後の後味の悪さという点で、「卒乳しても息子は乳搾りで大喜び!」は突出していた。

 謝礼の話の流れから飛び出した「チョコはないんですが、ミルクなら出ますよ」というフレーズに、きっと多くの読者が戦慄しただろう。「細江純子の乳房からはまだ母乳が出る」という情報を、なぜ与えられなければならないのだろうか。

 情報の暴力は続く。かつては白かった純子の母乳は、なんと今では黄色くなってしまったらしい。「よって、その状況を伝えると」という一節に狂気が滲み出る。何が「よって」なのか。母乳が黄色くなったことを伝えることが必然だというのか。そして、伝えられてしまった某ディレクターも、余計な一言を返してしまう。乳製品業界に謝ってほしい。

 謝礼の話から、自分の黄色い母乳の話題に展開した細江純子。狂っているとしか言いようがない。しかし何よりも狂っているのは、このような劇物を突き付けられてもなお、私がホソジュンコラムを毎週欠かさず読み続けているという事実だろう。

 ホソジュンコラムは競馬のようである。競馬で損をしても私は競馬を止めようとは思わない。競馬が好きだから。それと同じことである。たとえ知りたくない情報を知ったとしても、私は細江純子のシモネタが読みたい。細江純子のシモネタが好きだから。

 よって細江純子オブザイヤー2017は、強烈な不快感によってかえってホソジュンコラムの魅力、その存在の偉大さを証明した「卒乳しても息子は乳搾りで大喜び!(2017/3/3)」としたい。

 シモネタコラムとしての出来の良さでいえば、有馬記念中継での失敗談がポップに語られる「京都外回りはプラス レッドエルディスト◎(2017/1/13)」や、しばしの停滞から華麗なる復活を見せた「パンパンの良馬場ならSアラジンそれ以外ならレッドファルクス軸(2017/11/17)」あたりを推挙したいところだが、受賞作のテロリズムのようなインパクトの前では霞んでしまうと言わざるをえない。