ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など。ホースコラボレーターの細江純子氏の予想が的中するとアクセス数が増えるブログです。

POG2017-2018・指名馬のここまで①

1位:フランツ(ロベルタの2015)・牡

父:ディープインパクト 母父:ブライアンズタイム

調教師:音無秀孝(栗東) 馬主:近藤英子 生産:ノーザンファーム

 

 ハズレ1位。母はヴィクトリーの全妹で、アドミラブルのいとこ。ディープインパクト×ブライアンズタイム×サドラーズウェルズという配合だからディーマジェスティに近い配合。自分は全兄コペルニクスからこの血統を狙っていた。

 POG本にはフランツの写真はなかったが、厩舎コメでは「全兄コペルニクス(430キロ)よりも大きい」ということで上位指名を決意。

 しかし、蓋を開けてみればデビュー戦の馬体重は448キロ。デビュー勝ちは決めたものの、2戦目の500万下(旧エリカ賞)は12キロ減。しかもガレてるようには見えない。結局のところ、コペルニクスよりちょっと大きいだけの馬だったというオチ。5着に負け、「成長を促すため」に放牧。クラシック路線に間に合うことはないだろう。

 ただ、500万下で見せた捲り脚は、良血馬の素質の片鱗をうかがわせるものだった。全弟は現2歳。サイズに問題がなければ、めげずにもう一度狙いたいと思う。

 

2位:ミッキーマインド(マイグッドネスの2015)・牡

父:ディープインパクト 母父:Storm Cat

調教師:音無秀孝(栗東) 馬主:野田みずき 生産:三嶋牧場

 

 ハズレ2位。1巡目、2巡目ともに抽選で負け、半ばヤケになって早めに確保した馬。裏を返せばかなり自信があった。

 前年にキズナがダービーを勝った影響か、この世代は母父Storm Catのディープ産駒が多い。その中でも一番期待できる配合と指名当時は思っていた。

 ディープ×Storm cat×War Relicと、アユサンを思わせるような血統構成。半兄はダート短距離路線で活躍したダノンレジェンド。また、全姉ミッキーグッドネスは400キロ程度の馬体で2勝(当時)を挙げていて、クイーンリヴィエラ―カデナの姉弟と被るイメージがあった(私の前年の稼ぎ頭はカデナだった)。「これは手堅いだろう」と考えていた。

 7月にデビューし新馬戦は勝利。ただ、特筆できるような勝ち方ではなく、緩すぎて速い脚が使えないような走りだった。血統表を見返してみるとRoyal Charger≒Nasrullahといったような体質が柔らかくなるような血が多く、この点でキズナアユサンといった程よく締まった上級のディープ×Storm Catの配合と比べて差し引く必要があった、と反省。

 また他の馬を怖がるような気質があり、2戦目以降は全く力を発揮できないレースも何度かあった。前走はダート転向で掲示板を確保。相手関係に恵まれれば期間内2勝目はあるかもしれない。

 

3位:エルディアマンテ(ディアデラノビアの2015)・牝

 

父:キングカメハメハ 母父:サンデーサイレンス 

調教師:国枝栄(美浦) 馬主:キャロットファーム 生産:ノーザンファーム

 

 新馬戦はレッドベルローズのキレ味に屈して2着。

 レッドベルローズは次走のフェアリーSも素質で3着になった。大箱向きな走りなのでクイーンCなら(ヤバイのが出てこない限り)勝ってしまうだろう。そんな馬と府中マイルでハナ差なので、次は確勝だろう。

 小さく、晩成気味の血統なので、春は多くても3戦だろう。

 

4位:グローリーヴェイズ(メジロツボネの2015)・牡

父:ディープインパクト 母父:スウェプトオーヴァーボード

調教師:尾関知人(美浦) 馬主:シルクレーシング 生産:レイクヴィラファーム

 

 ハズレ4位。POG本取材時には457キロ。「増えたらええなあ」と思って指名したら、飼い葉の食いが悪くなり、430キロ台のデビュー。

 新馬戦は、逃げて突き放して余裕の勝利。2戦目のこうやまき賞は逆に出遅れて、11.7-10.8- 11.2という流れを差し切れずアタマ差の2着。この流れをアタマ差まで詰めたことは評価できるが、ワグネリアンならおそらく余裕で差せているラップ。500万下までならまだしも、G1戦線ではパンチが足りないだろうという印象。

 配合はディープ×スウェプトオーヴァーボードという配合はディープ×エンドスウィープトーセンスターダムを思い出させる。トーセンスターダムに母のMr. Prospector3×4、そして自身のSir Ivor≒Wife Mistress5×4からくる非力さがあり、クラシック本番では通用しなかった。グローリーヴェイズは配合的にはそこまで緩くはないが、似たようなところはあるかもしれない。

 パワー不足という点を考えると次走がきさらぎ賞という選択は悪くはないだろう。しかしながら、これで6位指名のカツジと被ってしまった。2頭とも収得賞金加算に成功する結果になればいいが、そう現実は甘くないだろう。

 

5位:ディープインラヴ(ラヴアンドバブルスの2015)・牡

父:ディープインパクト 母父Loup Sauvage

調教師:矢作芳人(栗東) 馬主:フクキタル 生産:パカパカファーム

 

 ラヴアンドバブルス産駒久々の牡馬。そしてパカパカファーム母体の一口馬主クラブ「ワラウカド」募集1年目の目玉である。

 自分は12世代ではブリランテを応援していたクチなので、以前からラヴアンドバブルズっ仔を指名してみたかった。ゼウスバローズより恵まれた馬格、兄を手掛けた矢作厩舎への預託に期待して5位指名。

 来週デビューの予定。時間がかかった。しかしこれがワラウカドデビュー第一号というのは…がんばれワラウカド!DMMに負けるな!

 

6位:カツジ(メリッサの2015)・牡

父:ディープインパクト 母父:ホワイトマズル

調教師:池添兼雄(栗東) 馬主:カナヤマHD 生産:岡田スタッド

 

 名前の由来はオーナーの亡き友人の名前らしい。なんか、どこかで聞いたことがあるような話だ。

 今年の稼ぎ頭。思えば去年の稼ぎ頭カデナも6位指名。日高のディープ産駒で、しかも似たような名前。ゲンを担いで来年も「カ〇〇」を指名しちゃおうか。

 2着になったデイリー杯は2Fだけの競馬。ジャンダルムの一瞬の脚に屈した。もっと弾けてほしかったというのが本音。

 きさらぎ賞ではダノンマジェスティとジャンダルムの力関係を測る物差しになってしまいそうな予感。とりあえず、2着に入ってくれればうれしい。