ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など。ホースコラボレーターの細江純子氏の予想が的中するとアクセス数が増えるブログです。

POG2017-2018・指名馬のここまで②

7位:イダエンペラー(アドマイヤセラヴィの2015)・牡

父:ルーラーシップ 母父:サンデーサイレンス

調教師:藤原英昭 馬主:張一達 生産:ノーザンファーム

 

 自分はルーラーシップの魅力はトニービンダイナカール牝系由来のナタのキレだと思っている。ナタのキレを狙うためには、ノーザンダンサーの5・5×4にはなるべく触れない方がいいのではないか、と産駒のデビュー前に予想していた。その予想に準じて指名したダンビュライトはダービーまでに6850p稼ぎ、2匹目のドジョウを狙って指名したのがこのイダエンペラー。

 母にノーザンダンサーのクロスがなく(自身は5×5)、半兄ヒカルカザブエは長距離の重賞で連対。ダンビュライトとプロフィールがどことなく被るので期待したが、残念ながら未勝利。藤原厩舎なので、次に使ってくるのはだいぶ温かくなってからになりそう。

 

8位:ブショウ(セルキスの2015)・牡

父:ダイワメジャー 母父: Monsun

調教師:尾関知人 馬主:岩切企画 生産:ノーザンファーム

 

 ドラフト前週には美浦の坂路で54.3-39.0-25.6-12.4という時計を出していた馬。もっとえげつない時計を出していた馬もいたが、ダイワメジャーモンズーンという組み合わせに魅力を感じてこちらを指名。

 ここまで(0-3-0-2)と善戦マンと化しているが、前走は13着と大負け。半兄サトノホルスは使うごとに走る気を失って、地方ですら通用しない馬になってしまった。この兄弟の精神的なもろさが出てきてしまったのであれば、かなり心配。

 

9位:ヴィオトポス(マイネヴィータの2015)・牝

父:マツリダゴッホ 母父:ナリタブライアン

調教師:田村康仁 馬主:サラブレットクラブ・ラフィアン 生産:ビッグレッドファーム

 

 ラフィアンが開幕週の府中1400芝を目指して仕上げてきた馬。サラブレットクラブ・ラフィアンはこの番組を2連勝中。そして勝った馬もペルソナリテ、マイネルバールマンとOP級の力がある馬だった。1勝+αを期待して指名したが、現状昇級してから力不足という印象。

 

10位:トゥラヴェスーラ(ジャジャマーチャンの2015)・牡

父:ドリームジャーニー 母父:アドマイヤコジーン

調教師:高橋康之 馬主:吉田照哉 生産:社台ファーム

 

 「ステイゴールドアドマイヤコジーンのニックス」だけを理由に指名した馬。

 新馬戦は華麗な逃げ切りだったが、次走シクラメン賞は引っ掛かって大敗。

 シクラメン賞は2歳戦にしては厳しいペースだった*1。もっと短い距離でないとだめなのかもしれない。

 

11位:ミゼリコルデの2015・牡

父:オルフェーヴル  母父:Fasliyev

調教師:不明 馬主:不明 生産:追分ファーム

 

 馬名登録すらなし。生きているかどうかが怪しい。

 

12位:ハヤブサレジェンド(イチゴイチエの2015)・牡

父:ヘニーヒューズ 母父:マンハッタンカフェ

調教師:伊藤圭三 馬主:武田修 生産:グランド牧場

 

 現在競走馬リハビリテーションセンターで休養中。復帰は秋以降のようで…

 未勝利の圧倒的な勝ちっぷりや、クビ差で負けたサージュミノルが昇級しても通用してる現状をみると残念極まりない。

 

13位:フィールザファラオ(フィールザビュウの2015)・牡

父:ブラックタイド 母父:Distant View

調教師:岩戸孝樹 馬主:櫻井正 生産:平岡牧場

 

 母が繁殖として手堅いことからピックアップしていた馬。「この兄弟最高の馬」という触れ込みだったが、今のところ兄弟最低になりそうなくらい走れていない。

 ブラックタイド産駒は好きだけど、自分との相性はよろしくないようなので来期は指名するのをやめたい。

 

おまけ:抽選に外れた馬たち

1位:ミカリーニョ

 小回りの札幌で惜敗するも、不良馬場の府中では地力の違いで勝ち上がる。調整が大変そうで、ぶっちゃけキ〇テツの手には負えなさそうだけど、走りっぷりをみると抽選外したのはショック。

2位:アプルーヴァル

 抽選外してよかったシリーズ。緩いしやる気もない。気が付いたら今野厩舎に転厩していた。

4位:トーセンブレイヴ

 これも抽選外してよかったシリーズ。ハズレで獲れたのがグローリーヴェイズだからなおさら。ただダートでなら勝ち上がれそうではある。

11位:マイネルキャドー

 ひいらぎ賞を逃げ切ってOP入り。現状指名馬に2勝馬がいないので、この馬を獲れなかったのは本当に痛い。ただ全治6か月の怪我をしてしまったようで残念だ。

*1:早い上がりで勝ったオブセッションはクラシックの主役になれるだろう