ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など。ホースコラボレーターの細江純子氏の予想が的中するとアクセス数が増えるブログです。

「アサ芸風俗」から細江純子のコラムが消えた

  アサヒ芸能が運営する風俗情報サイト「アサ芸風俗」にて掲載されているホースコラボレーター・細江純子のコラム「ホソジュンのアソコだけの話」の更新が途絶えてしまった。

 ホソジュンコラムどころか他の競馬予想コラムの更新も途絶え、競馬関連のタグはすべて削除されていた。競馬コラムどころかAV女優・高橋しょう子のコラムすらも更新されていない。風俗レポ記事のみが更新されているようである。愛知の生んだスタアのコラムの更新が途絶えた週に、名古屋・栄の熟女ヘルスのレポが掲載されていたのにはどこか因果を感じてしまった。

 これまでもホソジュンコラムの更新がない週はあったが、それは決まって年末年始やお盆等でアサ芸本誌が発売しない週だった。まだ7月。お盆休みにはまだ早い。アサ芸本誌は毎週のようにコンビニの棚に並び、ホソジュンコラムも同様に掲載されていた。どうやらホソジュンコラム自体がなくなったわけではないようである。また、幸い過去の記事のURLは残っていた。読みたい人は当ブログの感想記事からたどれば過去のコラムをまだ読むことができる。

 ホッとした半面、残念さも否めない。

 「アサ芸風俗」への掲載はホソジュンコラムのアーカイブとして機能していた。そのアーカイブ性は、私が当ブログにホソジュンコラムの感想を書くときに役立っていた。感想記事からコラムへの直リンで内容を紹介できたし、本文の引用も手軽にできた

 また、webで掲載されたコラムはSNSでシェアすることも容易だった。全てが上手く噛み合えば、細江純子のコラムがtwitterでバズる金曜の昼が日本の日常になっていたかもしれない。

 web掲載が途絶えたことで、ホソジュンコラムの可能性は狭まってしまった。このままではゴシップ誌にひっそりと連載されている著名人コラムで止まってしまうだろう。ホソジュンコラムの素晴らしさを伝えるため、ネットの片隅で奮闘してきた自分にとしては本当に残念でならない。

 そうした一方で、「これでよかった」と思う自分もいる。

 数か月前のシモネタコラムで純子が「テレビの有名人のセクハラや不倫への執拗なバッシングに辟易している」とこぼした回があった。それについて某巨大掲示板で「この人はセクハラを容認している」と批判する書き込みを私は見た。細江純子がシモネタを言うようになった経緯を書き込んでやりたくなったが、虚しくなり胸の内に留めていおいた。

 世はまさに大炎上時代である。大半の炎上については因果応報と思わないでもない。しかし世の中には文脈を切り取り、一部分だけを取り上げて勝手に怒り狂ってしまう人がいる。このネット社会に腰を据える以上、ホソジュンコラムとて炎上の対象になってもおかしくはない。その可能性の一端を私はネットの書き込みに見てしまった。

 純子の自虐やシモの事情なら私はドン引きしながらも笑うことができる。笑い続けてきた。しかし、純子の炎上を同じように笑うことはできないだろう。ホソジュンコラムのweb掲載がなくなれば、おそらく女性競馬評論家のシモネタが本当に好きな人にしか読まれなくなる。笑えない出来事はきっと起きないだろう。

 悲しいことだが、私はホソジュンコラムのweb掲載終了を肯定的に受け入れようと思う。