ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など

小田ラップの書き方について / 理論編その1

 前回では「小田ラップでは全フレーズで韻を踏まなくてはいけない」ということを説いた。長々と書いたが言いたかったのはそれだけだ。では「小田ラップでは全フレーズで韻を踏まなくてはいけない」とはどういうことだろうか?

 


韻を踏む、つまり同じ音を繰り返す。
例を挙げると

 ハイ着地 未開拓 ボケっと開いた口 発する「Funkastic」  (リップスライム / 「Funkastic」)

 
こんなのがある。どう韻を踏んでいるかというと

 はいちゃkuchi/みかいたkuchi/ぼけっとひらいたkuchi/はっするふぁんかsuchi

 と子音+u+chiで終わる単語を並べている。(※「Funkastic」の「c」はあってないようなものとして見てネ) まあ回りくどく説明しなくても声に出してもらえば分かるだろう。このように単語(節)の末尾で韻を踏むことを「脚韻」と呼ぶらしいが、小田ラップにおける韻のほぼ全てがコレだ。つまる話「小田ラップでは全フレーズで韻を踏まなくてはいけない」というのは「小田ラップは末尾で韻を踏むフレーズで形成される」ということだ。

「末尾で韻を踏むフレーズを集める」 こと自体は特段難しいことではない。とは言っても「ちんぽ(chi-m-po)」と「ナマポ(na-ma-po)」という単語がどっちも「po」で終わる単語だからといってそれでラップを作ろうとするのはちょっと弱い気がする。小田ラップは歌う形で受け手に提示できないので、出来る限り押韻を強調しないとラップとしてみなしてもらえない。だったら「m-po」と二音被る「さんぽ(sa-m-po)」という言葉を持ち出してきたほうがいいし、「子音+i-m-po」で三音も被る「進歩(si-m-po)」の方がさらにベターだろう。被る音が多ければ多いほど口に出した時のリズム感がいい。とは言っても被らせる音の数を増やせば増やすほど難しくなるので、最低でも二音被れば小田ラップの韻を踏む上では問題ない。

何気なく「音が被る」という言葉を使ったが、僕の中では「最低でも母音が被る」という意味で使っている。「最低でも」ということは「最低以上」があるわけだ。
ここで問題。

「竹(ta-ke)」という単語を使って韻を踏みたいとき、続く言葉として「金(ka-ne)」と「種(ta-ne)」という単語が浮かんだ。どちらを選んだ方がベターだろうか?

正解は「種(ta-ne)」。 「金(ka-ne)」も「種(ta-ne)」も「竹(ta-ke)」といっしょで「子音+a」の音と「子音+e」の音の2つを組み合わせてできた単語だから、どちらを選んでも間違いじゃない。だけれども、「竹」と「種」 は「ta」という音を共に有している。それ故に「種」は「金」よりベターな選択、という理屈だ。つまる話、「竹」と「金」のような「韻は踏んでるけど母音が同じというだけ」の単語同士を並べるより、「竹」と「種」のような「同じ音を有した」単語を並べた方がいいということだ。だからといって「母音が同じというだけ」が間違いだというわけじゃないので、「同じ音を有した単語を選ぶ」ことは義務ではなく努力目標くらいに考えてくれれば問題ない。

ここで次の問題。

「しわしわちんぽ」という単語からラップを作りたい。
このときあなたは「しわしわちんぽ」と脚韻の関係の「川端慎吾」「井藤慎吾」「セキセイインコ」「すりたてりんご」という4つの単語が浮かんだ。この4つの単語のうち1つだけ「しわしわちんぽ」から小田ラップを作る上でふさわしくない単語がある。それはどれだろうか?



答えは理論編その2で。ちんぽジョイナスでした。