ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

シャニマスの話7

シャニマスの話7

新キャラ・浅倉透。さっそくプロデュースをしてみたが、「こりゃ人気が出るだろうな」と思わざるをえない。

f:id:joinus_fantotomoni:20200404095555j:plain

浅倉透は「過去に会ったことのある少女」だ。ギャルゲーやラブコメでは王道のシチュエーションだが、シャニマスでは彼女が初めて。それどころかアイマスシリーズでも今までになかった(?)ようだ。

「過去に会ったことがある少女」は概して主人公との思い出に執着している。透も例外でない。プロデューサー(主人公)との思い出が彼女をアイドルにさせ、彼と高みを目指すことがアイドルとしてのモチベーションとなっている。言い換えれば、Pとの思い出がなければ彼女はアイドルにならなかっただろう。

P個人への執着度でいえば、彼に一目惚れしてアイドルをはじめた杜野凛世に匹敵する。いや、子供の頃から想い続けていたとなれば凛世以上といってもいいかもしれない。

個人的にはシャニマスで一番人気のあるキャラは凛世だと思っている。Pカップのボーダーや二次創作の多さを考慮してもトップクラスの人気があるのは確実だろう。アイドルでありながら特定の異性への思慕の念を隠さない凛世が人気になるくらいだから、透もきっと人気になるだろう。

しかしながら凛世と透には大きな違いがある。それはアイドルという職業に向き合う姿勢だ。

各アイドルの共通コミュではキャラたちがアイドルという職業に向き合う姿が描かれる。Pに惚れてアイドルをはじめた凛世も例外ではない。「プロデューサーさまのため」にアイドルをはじめた彼女は、最終的に「応援してくれるファンのみなさまに恩を返す」ことにアイドルをやっていくモチベーションを見出す。こうしてPありきではないアイドル・杜野凛世が誕生する*1

一方、透のアイドルとしての目的やモチベーションは「(Pと)一緒に登る嬉しさ」の一言に尽きる。彼女にとって重要なのはPと何かを成し遂げることであり、それはPの存在抜きでは成り立たない。こうした依存的な姿勢は「プロデューサーさまのため」にアイドルをしていた凛世に近いが、後にそれを修正した凛世と違い、透の共通コミュはPとすれ違いの果てに透が自分の想いを再確認するものとなっている。つまり、アイドル・浅倉透はどこまでもPありきの存在だ。その点でも彼女は強い支持を得られるような気がする。

とはいえ、これで透のことを理解した気になるのは時期尚早だ。まだ共通コミュが発表されただけにすぎない。この先発表されるアイドルコミュで、彼女の違う一面が見られるだろう。最初に出るpSRの内容次第では自分もコロッといってしまうかもしれない。

*1:つまり杜野凛世とは、控え目な大和撫子というファーストインプレッションに反し、「少女」としての自分と「偶像」としての自分を両立させようとする欲張りなキャラなのだ。彼女のような人身御供的なアイドル観では受け入れがたい存在が人気になっているのはシャニマスのいいところだと自分は思う