ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

【2020-2021世代・重賞馬】シゲルピンクルビー

シゲルピンクルビー

馬名:シゲルピンクルビー

父:モーリス 母:ムーンライトベイ 母父:High Chaparral

調教師:渡辺薫彦

馬主:森中蕃

生産者:天羽牧場

戦歴:2-0-0-1

主な勝ち鞍:フィリーズレビュー

シゲルピンクルビー | 競走馬データ - netkeiba.com

阪神JFは惨敗だったが、新馬戦を勝った阪神芝1400で巻き返した。

しかしながら能力で勝ったというよりは枠と和田騎手の好騎乗が勝因という印象が強い。ダイワメジャー産駒ながら大味な追い込み競馬で重賞戦線を沸かせる姉シゲルピンクダイヤとはイメージが違う。外回りよりは内回りで買いたい馬。

 

モーリスとBold ReasonNever Bend(再び)

【2020-2021世代・重賞馬】ピクシーナイト - ジョイナスのカラオケBOX

ピクシーナイトの時にも書いたが、モーリスはBold ReasonあるいはNever Bend持ちの牝馬と相性がいい。その根拠はモーリスの母父カーネギーの持つBold ReasonNever Bendのニアリークロスにある。

シゲルピンクルビーの母父High ChaparralBold ReasonNever Bendのニアリークロスを持ち、さらに母母父SinndarもMill Reefの血を引く。

ストゥーティの血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com

チューリップ賞3着のストゥーティもモーリスとNever Bend(Bold Reason)のニックスの例である。シンハリーズの孫なので、In the Wingsで母方にBold ReasonNever Bendを持っている。

 

種牡馬モーリスは重厚なメジロ血統を引くだけにスピード不足が懸念されていた。ところがシゲルピンクルビーの母ムーンライトベイはHigh Chaparral×Sinndarという欧州12F路線の雄を掛け合わせた重厚な血統。ここから1400の重賞を勝つ馬が出てくることに血統の奥深さを感じる。