ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

【2020-2021世代・重賞馬】ヴィルティファルス

ヴィルティファルス

馬名:ヴィルティファルス

父:ハーツクライ 母:ヴィルジニア 母父:Galileo

調教師:池添学

馬主:G1レーシング

生産者:ノーザンファーム

戦歴:2-1-0-0

主な勝ち鞍:スプリングステークス

ヴィクティファルス | 競走馬データ - netkeiba.com

道悪のスプリングステークスを池添騎手らしい外差しで制し、クラシックに駒を進めた。

まだ緩さのある馬体をしているので今後が楽しみだ。

 

ヴィルジニアはシルバーステートやヘンリーバローズの半姉で、ザメトロポリタン(豪州)を制したSevilleの全妹。Galileo×Silver Hawk×Niniskiなので、Nashua≒Nantallahを代々重ね合わせたパワー配合。道悪が合うのも納得だ。

 

今年の牡馬クラシックはダノンザキッド、エフフォーリアを筆頭にどちらかといえば府中向きの有力馬が多い。皐月賞向きといえるのはこの馬とステラヴェローチェ、アサマノイタズラぐらいになるだろうか。

共同通信杯ではエフフォーリアに屈してしまったが、持ち前のピッチ走法でシャフリヤールやキングストンボーイを抑えている。100%中山向きだが、高速馬場の府中でもある程度やれたのは大きい。その点、ステラヴェローチェよりも信用ができる。

皐月賞は想定のメンツ的にはゆったりとしたレースになると思うので、ピッチ走法で素早く動ける本馬には向くだろう。池添騎手が継続騎乗するなら心強い(ピッチ走法の馬に実績がある騎手なので)。今のところ皐月賞の本命はこの馬で考えている。