ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

2022年2月第3週 —定期的に聴きたくなる—

うさ太郎先生*1が入院してしまった。なぜ神はうさ太郎先生*2に試練を与えるのか。理不尽にも程がある。この憤りをブログにぶつけたい。

 

 

  • カムカムエヴリバディ

3代目ヒロインひなたの相手役は本郷奏多。それでいてナレーションが城田優だから、見ていてテニミュ語録が口から零れてきそうになる‥‥なんてことはなく、普通に毎日楽しく視聴している。

安子編を思うと物語が遠くまで来てしまった。ひなたの時代劇好き設定も、変な場所で寝る文四郎も、安達祐実の棒読みも、あらゆる部分がコメディに染まりすぎている。繋がりを描いた作品ではあるがけれど、戦争であったり、雉真家の封建的なところとか、ああいうものからは大分離れたところに来たんだなあ、としみじみする。

 

  • 今週のシャドウミストレス優子

10話「ご先祖は進化する!!メガネが映す暗黒部屋」から12話「伝えたい想い!!まぞく新たなる一歩!!」まで視聴した。

最終話でシャミ子の父・ヨシュアがナレーションを務めていたことが判明する。このくだりを見ると、筋肉少女帯の「生きてあげようかな」が聴きたくなる。メンヘラ少女と彼女を天国から見守る彼氏の歌だ。

なんだかんだで筋肉少女帯で一番好きな曲である。

シャミ子はメンヘラでもないし、リストカットとか死んでもやならそうだが、桃と死別したら強がって「代わりに私が生きてあげようかな」とか言いそうである。言わないでほしいが。

 

来週からは何を見ればいいだろうか。グラスリップか?

 

David Bowie / The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars

鬼頭明里さんの曲ほどではないが定期的に聴きたくなる。

 

Ocean Rain /  Echo & The Bunnymen

 

Kaleidoscope / 鬼頭明里

定期的に聴きたくなる。

*1:不屈のブログ・個室の支配者・日本の宝

*2:日本の宝・日本の宝・日本の宝