ジョイナスブログⅡ

アニメ、競馬など。ホースコラボレーターの細江純子氏の予想が的中するとアクセス数が増えるブログです。

「宇垣美里アナ・コーヒーぶちまけ事件」について報じたネットニュースまとめ

 最近はTBS・宇垣美里アナの話題が熱い。宇垣美里アナがラジオで喋れば記事になり、サンジャポで喋っても記事になる。それがSNSに拡散され、ネットは宇垣美里アナで染まっていく。呼吸をするように宇垣美里アナの情報が手に入る。

 宇垣美里アナは最近「闇キャラ」として各メディアに露出しているようで、その従来の女子アナとは一味違うキャラクターが世間では賛否両論のようである。また、真偽は不明だが彼女についての悪い噂もネットニュースでは頻繁に書かれる。中でも「宇垣美里アナが上司にコーヒーを投げつけた」という話は、八尺様のエロ漫画の広告くらい目に入った。宇垣美里アナ・コーヒー投げつけ事件について書かれた記事は一体どれほどあるのだろう。気になったので過去3か月のネットニュースをグーグル検索してみた。

 調べていて気付いたことはグーグルの検索機能というのは案外いい加減だということだ。宇垣美里アナのニュースを調べたつもりなのに、記事を開いて「西武ドーム渡辺美里じゃねえか」と声を上げてしまうハプニングもあった。また、途中で配信元によって見出しが違うが記事の内容は全く一緒というパターンが何件かあることに気づいた。

 一時間半ほど調べた結果、宇垣美里アナ・コーヒーぶちまけ事件について触れた記事25件もあった。これは多いのか、少ないのか。この期間内に宇垣美里アナについて書かれたネットニュースはゆうに100件は超えていたので、割合で考えればそこまで多くはないのかもしれない。多くはないのかもしれないが、25件も似たような内容のニュースを読むのはなかなかしんどい。読んでいて「俺は何がしたいんだ」と何度も眩暈がした。

 とはいえ何の収穫もなしに終わるわけにはいかない。頭をクラクラさせながら、私は一つの答えにたどり着く。

「そうか。女子アナについて書かれたゴシップ記事は時間を無駄に消費するにはもってこいだ、ということを俺は確かめたかったのか。」

 そう思うと全てが腑に落ちた気がした。

 当該の25件の記事のリンクを載せたので、もしよければ全部読んでほしい。感情を共有しよう。

www.asagei.com

biz-journal.jp

www.asagei.com

www.asagei.com

news.nifty.com

npn.co.jp

news.nifty.com

news.nicovideo.jp

news.nifty.com

news.nifty.com

news.nifty.com

asajo.jp

news.nifty.com

news.nicovideo.jp

news.nifty.com

news.nifty.com

news.nifty.com

news.nifty.com

www.jprime.jp

taishu.jp

news.nifty.com

taishu.jp

news.nifty.com

news.nifty.com

ジョイナスブログⅡの今後

細江純子オブザイヤー2018

 細江純子のコラムが風俗情報サイト「アサ芸風俗」から消えてもう1か月が経った。

 ホソジュンコラムの存在自体が消えたわけではないのだが、掲載がアサ芸本誌のみになってしまったからにはもう以前のようにwebでシェアするのは難しい。断裁したものをスキャンするなり深夜ラジオみたいに書き出すなりいろいろ手段はあるとは思うのだが、そこまでやると私の心のビートたけしに「まじになっちゃってどうするの」と言われてしまいそうだ。

 私はここ2年くらいブログで細江純子のことばかり書いてきた。細江純子の冴え渡るシモネタと日に日に洗練されていくコラムの構成は私にブログを書く情熱を与えてくれた。でも、雛鳥が親鳥の下から離れていくように、いつかは細江純子から自律しなければいけない。このままでは細江純子のことばかり書き続けるゾンビになってしまう。ホソジュンコラムのweb撤退は巣立ちのいいきっかけなのかもしれない。

 ということで、ジョイナスブログⅡのホソジュンコラムレビューはここらで潮時ということにしたい。いつもなら年末にやる「細江純子オブザイヤー」を3か月も前倒しで発表して幕引きとしよう。

 細江純子オブザイヤー2018は「2走前の東京新聞杯(1着)の内容から武豊騎手騎乗リスグラシューに期待!」だ。選評は当ブログの記事「アサ芸・細江純子コラム傑作レビュー2018②」に書かれているので是非読んでもらいたい。

asageifuzoku.com

joinus-fantotomoni.hatenablog.com

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ2018

 私はこれから何を書けばいいのだろうか?

 細江純子のことを書かずに、何を書けばいいのだろうか?

 というか、私に何か言いたいことがあるのだろうか?

 

 反町隆史は言った。「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ」と。

 あれから20年。私は「言いたい」と思うことが少なくなった。

  今から約5年前、私は何をやっても批判される当時の中日ドラゴンズ監督・高木守道を哀れに感じていた。高木への批判が和らぐように、高木を主人公にした「ジョイナスレ」というSSスレッドを匿名掲示板に定期的に立てていた。「ジョイナスレ」によって高木を「批判の矛先」ではなく「笑えるおじいちゃん」としてイメージ付けしようと考えたのである。自分で言うのもなんだが、「ジョイナスレ」はネットの一部にウケていた。

 ただ結果として高木のイメージを転化する試みは失敗だった。気になる人は「高木 退任スピーチ」と検索するといい。

 当初の試みが失敗してもなお、私は「ジョイナスレ」を立て続けた。失敗を認められなかったわけではない。包み隠さず言えば、ウケたかったのだ。目的がいつの間にか私の中で「ウケたい」にすり替わっていたのだ。

 私が「言いたい」と思うことが少なくなったのは、こういう「ウケたい」自分への自己不信が原因なのだ。「ウケたい」という気持ちは自然である。同意や賞讃は気持ちいい。しかしその「快」は麻薬だ。気持ちよすぎて、本当に伝えたいことが伝わらなくてもどうでもよくなってしまう。同意や賞讃さえ得られさえれば、自らを欺くことも厭わなくなる。自分の本心ではなく、ウケのいい理屈を優先する。こんな自分の在り方に気づき、ひどく虚しくなってしまったのである。こうした虚しさを感じず済む方法は、口を噤むかレイザーラモンRGのあるあるのようなしょうもないことだけを言う他にないのである。

 だから、ポスト細江純子ジョイナスブログⅡは、「それでもなお私が主張したいこと」を書くブログとしてやっていければと思う。

 

 「それでもなお私が主張したいこと」。そんなものがあるのだろうか。

 あるじゃないか。グラスリップが。

 グラスリップを包括的に論じたい*1と思いつつ、試みては挫折するという営みをここ2年繰り返してきた。そろそろ片を付けたい。最速でウマ娘のアプリの実装まで、遅くとも喜多日菜子がCDデビューするまでには何とかしたい。

*1:グラスリップが「意味不明で破綻したアニメ」という扱いをされるのは可哀そうだと思う。そうではないということをきちんと論証しなければいけない。

細江純子とわたし・2018

顔写真

 スーパーマーケットの陳列された青果や畜産物の包装に生産者の顔がラベリングされていることがある。自分の顔を世間に晒すくらい生産物に自信があるのだろう、と消費者に思わせて購入意欲を刺激させるマーケティングの一環である。

 アサヒ芸能本誌連載中のコラム「ホソジュンのアソコだけの話」にも、筆者である細江純子本人の顔写真が文章と共に掲載されている。

 「アサ芸風俗」掲載版のホソジュンコラムには純子のご尊顔はないので、ホソジュンコラムのweb撤退を機にはじめてアサ芸本誌を手に取った読者は面食らってしまうだろう。細江純子は逃げも隠れもしない。下品で自らを卑下する文章の内容とは裏腹に、写真の彼女の顔は堂々としている。直視してほしい。そのためにアサ芸を手に取ってほしい。

 アサ芸は表紙からして下品だが*1、「快楽天」を手に取るよりはマシだろう。そう思いながら私は自分の生活圏からできるだけ離れたコンビニで毎週立ち読みしている。

検索

 シモネタがホソジュンコラムの主役とすれば、影の主役は自虐である。ホソジュンコラムは自身の過去や現状を嘆く内容が多く、とりわけ容姿への自虐が多い。

 そんな本人の自己評価とは裏腹に「ずんこかわいい」「細江さん抱ける」といった書き込みがネットでは時折見受けられる。しかしながらネットの書き込みほど信用できないものはない。人間という生き物は、注目を浴びるためなら平気で嘘をついたり誇張をするからだ。テキストが「ありのまま」を伝えているという保証はないのである。

 人間の100%確かな「ありのまま」はインターネットにはないのだろうか。そうではない、と私は考える。人には嘘偽りなく自己をインターネットにさらけ出す瞬間がある。それは「検索」をするときだ。求めるものを「検索」する私たちの姿は「ありのまま」である。何人たりとも私たちの「検索」を歪めることはできない。

 その「検索」だが、解析ツールを使うとどのような単語を検索してwebページにアクセスしてきたかが分かる。当ブログの場合は「細江純子」と「グラスリップ」が多い。

 そして中には「細江純子 熟女」「細江純子 エロ画像」といった検索内容も定期的に含まれている。これはどういうことだろうか。彼らが「細江純子のエロ画像を検索しろ」という脅迫を受けているのでなければ、こう考えるしかない。細江純子を性的な目線で見る人が世の中には存在している。

*1:今週号は「衝撃告白「尻毛マニア」巨乳女優の変態「性」活」という見出しが大々的に掲げられていた