ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

シャニマスの話4/他

シャニマスの話4

f:id:joinus_fantotomoni:20200110190134j:plain
シャニマスキャラクターソート - アプリ屋になりたいブログ

年末年始の越境イベントで、摩美々も自分の聖域に加わったなという実感がある。波及するようにチームまりあの他の面々への好感度もアップ。良くなって、参りました。

摩美々は元々好きなキャラであったが、チームまりあでのお姉さんムーブを見てより愛着がわいた。アンティーカやPの前では「悪い子」ぶっている摩美々の優しい部分が垣間見えた一方、そんな優しさを他人に気取られないようにする天邪鬼さも相変わらず。最高のイベコミュだった。

自分を創り、演じようとしていることが感じられるキャラクターが私は好きだ。Pやアンティーカの面々の前では「悪い子」ぶっている摩美々や、自己防衛的にお調子者を演じる三峰はもちろん、夏葉の「目指すはナンバーワンだけ」「筋トレよ!」といった感じのあのイケイケな性格も個人的には彼女が創り上げたものだと思っている*1。自分を創ったり、演じたり、使い分けようという仕草に人間臭さであったりシンパシーを私は感じる。

f:id:joinus_fantotomoni:20200110201238j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200110201245j:plain

そういう意味では冬優子も好きだが、越境イベントで猫かぶりする彼女を見ると結構ストレスを感じる。冬優子に関しては演じてほしくないなあ、という感情の方がどうも強くなってしまう。

自分を隠すという意味では冬優子は三峰と同じだが、「お調子者」として楽しむことができる三峰とは違って、冬優子は自分を守り、かつ縛る仮面を被っている。もちろん愛されようと仮面を被る彼女のスタンスにも一理はあるし、むしろそうした所作には熱さすら感じるほどだが、いくら好意的に捉えたところで自己肯定感の低さと他人への警戒心の産物であることは否定できない。見ていて息苦しさの方が勝ってしまう。

そう思う一方で、彼女が素の自分をさらけ出せる範囲が広がってしまうのも抵抗がある。Pとストレイライトのメンバー以外の前でカツカレー弁当を食べる冬優子を見てみたいようで、見たくない気もする。こういったもどかしさを覚えるので、冬優子への好感度メーターを振り切りきれない自分がいる。

冬優子に最適な落としどころがあるとすれば、それは我慢して「お姫様」の仮面を被るのではなく、仮面を被ることを楽しめるようになることだと自分は考える。演じることは表現である。表現である以上、楽しむことだってできるはずだ。「お姫様」を生き生きと演じる彼女を見てあさひが「この冬優子ちゃんも好きっす」と言う。そんな日がくればいいなと切に願う。

シャニマスの話5

唐突だがpixivにおける各アイドル別の作品投稿数について調べてみた*2

f:id:joinus_fantotomoni:20200110194548j:plain

ねぇ、アンティー
f:id:joinus_fantotomoni:20200109135710j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200109135729j:plain
左がトップ5、ワースト5。

まずは作品数。恋鐘や咲耶を差し置いて摩美々がトップだというのがびっくりする。いや、最高じゃーん。ビジュアル的にはむしろ敬遠されそうなキャラだと思ったが…

トップ5中4名がアンティーカのメンバー。ユニットで1人だけトップ5から漏れてしまった三峰も6位なので、二次創作におけるアンティーカ人気は明らかに突出している。そしてアンティーカの牙城に喰い込んだ凛世も尋常ではない。

ワースト5にも触れよう。なんとイルミネーションスターズの3人全員がワースト5に入ってしまった。摩美々のようなパッとかなり見アクの強いキャラクターの人気が高いことを踏まえると、イルミネの3人はインパクトが薄く感じられるのかもしれない。あくまで創作をしたい人にとっては、だが。

断トツで作品数が少ないのは愛依。かなり不遇だ。黒ギャルという属性がニッチすぎたのかもしれない。あるいはあさひと冬優子の間を取り持つポジションに収まりすぎて、良くも悪くもストレイライトありきのキャラと捉えられてしまっているのかもしれない。2周目や今後のイベントでいい感じにスポットライトが当たってくれることを祈ろう*3

夏葉が低いのは仕方ない。アルティメットマーメイドのtrueを見るまでは、筋肉ネタキャラ以上には思えないかもしれない。

あの日、メス豚扱いが約束されたの
f:id:joinus_fantotomoni:20200109170444j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200109170452j:plain

作品数トップ10と、イラスト・漫画数トップ10を見比べてみよう。作品数トップの摩美々は3位に陥落し、代わって恋鐘がトップに躍り出る。

f:id:joinus_fantotomoni:20200109173227j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200109174004j:plain
R18イラスト投稿数ベスト5とR18イラスト率ベスト5。後者の5名は283プロの巨乳5傑でもある。

シャニマスでpixivに一番イラストを描かれている恋鐘だが、Hなイラストの数に限れば咲耶が圧倒的だ。恋鐘も3位の千雪に100枚近く差をつけているが、咲耶は恋鐘に272枚もの差をつけている。R18イラスト率*4で見ても圧巻である。

咲耶のHなイラストがこれだけ描かれているのは、リリース当時にエロ創作界隈で流行していた「メス堕ち」にマッチしそうなキャラとして注目を浴びたことが原因だ*5。「アイドルマスターシャイニーカラーズ」タグのR18イラストを古い順から見てみると、呆れるくらいに咲耶のエロいイラストで埋め尽くされている。こうした経緯で濫造された咲耶のエロ画像を他のイラストと同列に扱っていいのだろうかという葛藤はある。しかしである。人間はイナゴの大群の前には成す術がない。あの曹操呂布ですらも兗州を喰い散らかすイナゴたちの前では匙を投げた。私に一体何ができるというのだろうか。とりあえずはエロに関しては咲耶がトップと捉える他にないだろう。

ではナンバー2は誰なのだろうか。作品数でいえば恋鐘だろう。しかしキャラごとのR18イラストの割合でいえば千雪とめぐるが恋鐘を上回る。とりわけ千雪のR18イラスト率は咲耶には及ばないものの圧巻である。デレマスでいえば新田美波や三船美優のようなポジションを彼女は確立しつつあるのかもしれない。めぐるのHなイラスト数も十分驚愕に値するだろう。

千雪やめぐるほど恋鐘のR18イラストの割合は大きくない。これは愛依にもいえることである。愛依の投稿数の少なさを思えば、もっと極端な数値が出てもおかしくはなかったはずである。愛依のイラストは、ざっと見た感じ水着イラスト*6が多かった。思うに、恋鐘と愛依に関しては健康的なエロスが見出されているのであろう。恋鐘は普通に服を着ているだけでもスゴい。愛依には小麦色の肌という美的アイデンティティがある。彼女たちの魅力を表現するうえで、乳首や性器の露出や性行為といった描写は必ずしも必要ではないのだろう*7。あるいはエロいイラスト描きたい作り手の心理からすれば、明るく快活なパーソナリティをもつ彼女たちは性的対象としてそこまで魅力的ではないのかもしれない。

「逆に一番Hなイラストが少ないアイドルは?」「答え:アイドル芹沢あさひ」
f:id:joinus_fantotomoni:20200109173537j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200109195048j:plain
R18イラスト投稿数ワースト5とR18イラスト率ワースト5

逆に最もHなイラストが描かれていないアイドルは誰だろうか。芹沢あさひである。イラスト投稿数は標準以上であるにもかかわらず、二次創作においてダントツに不遇な愛依よりもR18イラストの投稿数が少ない。咲耶や千雪とは真逆のベクトルのキャラクターといえるだろう。

あさひに次いでR18イラスト率が低いのが霧子。あさひも霧子も、銀髪で瞳のハイライトは少ない。人形のようなキャラ造形の2人である。また「極端な物事への頓着(あるいは無頓着さ)」「(度を越して)献身的な不思議ちゃん」というパーソナリティも、私たちにとっては浮世離れで、どこか不安定な印象を与え、目が離せなくなる。つまる話、あさひと霧子は保護者目線で見てしまいたくなるキャラだ*8。だからこそ、彼女たちを性の対象にすることは忌避されがちなのかもしれない。

保護者目線といえば、シャニマス唯一の小学生アイドル小宮果穂もそういう目線で見てしまいたくなるキャラだ。しかしあさひや霧子ほど彼女の性対象化はタブーになっていないように思える。果穂のR18イラスト投稿数はワースト8位、R18イラスト投稿率はワースト7位。順位だけ書かれてピンとこないかもしれないが、ユニット最年長の夏葉より多いR18イラスト投稿数、谷間を見せつける衣装ばかり着せられる甘奈よりも大きいR18イラスト率といえば、目を煌めかせて「スゴいです!」と大声を出したくなってしまうだろう。世に蔓延るロリコンの多さを感じずにはいられない。

幽霊の正体なんて知らなくていいのに
f:id:joinus_fantotomoni:20200109170444j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200109170452j:plain

ここで再び、作品数トップ10とイラスト・漫画数トップ10を掲載しよう。注目してほしいのは三峰だ。作品数では6位の三峰が、イラスト・漫画数においては9位にまで落ちてしまう。イラスト数は決して多くないのに、作品数は上位。このギャップの正体はなんなのだろうか。

f:id:joinus_fantotomoni:20200109221703j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200109221717j:plain
小説の投稿数と投稿作品中の小説率

答えは小説だ。Pixivはイラストのみならず小説も投稿されているサイトである。

三峰結華はシャニマスの19人の中で最も二次創作小説の投稿数が多いアイドルだ。2位の摩美々とは100弱の差がある。投稿作品中の小説率も堂々1位の30.64%。千雪のエロイラスト率(29.34%)よりも高い。

この多さにはカラクリがある。三峰タグのシャニマス二次小説のうち146作が「まみみつ」(摩美々と結華のカップリング)を描いた作品で、「まみみつ」タグのうち約半数近くの作品を同一の作者が投稿している。正体みたり、枯れ尾花。インターネットで暴言や誹謗中傷を書き込んでいるのはネット利用者のうちのわずか数パーセントだという。ジョイナス*9も1人の人間がその半数以上を書いていた。世の中そんなものである。とはいえ「まみみつ」タグの作品を抜いたところで3位の甘奈よりも多いわけだから、三峰の小説人気はやはり異様である。

さて小説率の上位3名、三峰・灯織・甘奈には共通点がある。まず3人ともにPラブ要素が濃い。なおかつ三峰は摩美々*10、灯織は真乃、甘奈は甜花と鉄板のカップリング相手が存在する。ヘテロとしてもホモとしても描ける二面性が、彼女たちの二次小説人気を支えているといえるだろう。

f:id:joinus_fantotomoni:20200110112304j:plain
f:id:joinus_fantotomoni:20200110112325j:plain
小説率トップ5とワースト5

他に共通点をあげるとすれば、三峰・灯織・甘奈は3人ともにスレンダーな部類のキャラだということだ。ちなみに小説率ワースト3は愛依・恋鐘・智代子。偶然にも巨乳揃いの「チームうさちよかめ」の3人となった。ただワースト4位と5位のあさひ・凛世は紛うことなき貧乳である。胸の大きさは特に関係はないだろう。

書き手心理を忖度するなら、「うさちよかめ」の3人の明るく元気で包容力のあるパーソナリティは、この界隈の物書きにとってはあまり魅力的ではないのだろう。また、あさひと凛世は相当書きづらいように思える。天才肌で何をしだすか分からないあさひを違和感なく表現するのはおそらく至難だ。凛世の場合はPを想ういじらしさだけならともかく、コミュの文学的情緒あふれる雰囲気まで再現するのはハードルが高いだろう。

人はなぜ二次創作小説を書くのか

f:id:joinus_fantotomoni:20200110114621j:plain

R18小説投稿数ベスト5

R18小説の投稿数に着目しよう。これまた意外な結果が出た。夏葉と甘奈が千雪や咲耶を抑えて同率トップとなった。

夏葉の小説投稿数自体は19人中12位。しかしながらR18小説数はトップ。R18小説率24.15%も抜き出ている。これは千雪のR18イラスト率に通じるところがある。千雪とて健全絵を含めれば、イラスト投稿数はそこまで多くない(11位)。ちなみに2人とも年長者でセクシーな体型という共通点がある。

内容の傾向を見ると、夏葉のR18小説は「Pドル」ものが多い。その一方で甘奈のR18小説は夏葉ほど「Pドル」ものは多くはなく、甜花との姉妹百合、さらにPや千雪を加えた乱交ものが割とあったりする。ちなみに咲耶ふたなり等のアブノーマルな内容が目立つ。二次創作小説においても異常性欲者・性癖倒錯者の駆け込み寺みたいな扱いだ。

二次創作においては間違いなく夏葉は不遇だ。しかしR18小説数だけは極端に高い。この理由はなんなのだろうか。夏葉好きとして思うことは、このキャラを好きになるにはどうしてもストーリーが必要なのだろうと思う。夏葉はプロデュースして初めて良さが理解できるキャラだ。夏葉をW.I.N.G.優勝まで導き、アルティメットマーメイドのtrue endで海に向かって叫ぶ彼女を姿を見てようやく「あ、俺こいつのことが好きだ」と自覚できる。だからエロスを彼女に求めるなら、より物語を表現しやすい媒体の方が向いているのではないか。シチュエーションを刹那的に切り取ったイラストよりも、ストーリーを事細かく表現しやすいノベルスの方が夏葉には合っているのだろう。

もう一つ理由をあげてみよう。夏葉のR18小説数はなぜこれだけ多いのか。それは50作中の16作を1人の作者が描いているからだ。これもまた、枯れ尾花。しかしである。多くの人間の創作意欲に火をつけることも凄いが、1人の人間を激しく駆り立てることもまた凄いのではないか。

余談ではあるが、ジョイナスレの創始者筒香嘉智選手のホームランに触発されてジョイナスレを生み出したらしい。それはそれとして、当ブログはタンパベイ・レイズ筒香嘉智選手の活躍を陰ながら祈っている。

後できっと恥ずかしくなっちゃう

実をいうとシャニマスの二次小説にこれまで触れたことがなかった*11シャニマスの二次創作について調べていて興味が芽生えたので、何作か読んでみた。タイトル名はあげないがアンティーカの百合輪姦ものがよかった。

私も一応はSS書きのはしくれなので、シャニマスの二次創作に触れて「自分も書いてみたい」という気持ちに少し駆られた。刺激はされたが、おそらく書かないだろう。私の芸風である2ch風キャラ付けお人形遊びは、いうなれば恋鐘の卑しカラスネタのようなものである。面白がる人はいるかもしれないが、歓迎しない人もきっと多いだろう。高木守道に露出をさせても怒られない世界に引きこもっていた方がお互い幸せでいられるはずである。

何より、二次創作小説なんて書いてしまったら後できっと恥ずかしくなっちゃうだろう。

さあ! ひとりでまとめを!

私の好きなキャラ(三峰・摩美々・夏葉)は二次創作において極端な傾向がある。言いたかったのはそれだけ。本当に。申し訳ございませんでした。

調べていて個人的にショックであり、同時に嬉しかったのが摩美々の創作人気の高さ。自分の好きなキャラが多くの人間に愛でられているのは率直に言って嬉しい。嬉しい反面複雑なのが、摩美々人気を理解したことで「お前の良さを分かっているのは俺だけだからな」というほとんど傲りに近い愛情を彼女に抱けなくなったということ。残念である。

もちろん、彼女を心のどこかで不人気キャラだと思い込んでいたことの方が私の方が残念だろう。ごめんね、摩美々。

ついでにもうひと謝罪

これも今年の抱負といっていいのかどうか分からないが、とりあえず宣言しておくと、今月中には「[ジョイナス(Chimpo_Joinus)が選ぶアニメ・オールタイムベスト10]1位:true tears」を書こうと思っている。

joinus-fantotomoni.hatenablog.com

新年1発目のブログではこんなことを言ってみたが、宣言通りに「[ジョイナス(Chimpo_Joinus)が選ぶアニメ・オールタイムベスト10]1位:true tearsをいざ書こうとしてもなかなかいい切り口が見つからず、全然書ける気がしない。なので大変申し訳ないが今年の年末まで待っていただけないだろうか。年末までには書くと約束したい。

待つと言ってもたかが1年である。「ゆゆ式」の新刊は年に1回しか出ない。本当に哀しいことだ。しかし私はそのことに特に不満を言うつもりはない。

さらにである。私はウマ娘プリティーダービーのリリースを1年10ヵ月待っている。ウマ娘プリティーダービーはあと2か月ほどで事前登録2周年を迎える。私待つわ。いつまでも待つわ。たとえサイゲウマ娘諦めたとしても。

*1:アルティメット・マーメードのtrueを見ろ。お前が見るんだよ。

*2:各数値は2020年1月9日までの分

*3:スポットライト恐怖症絡みの話の掘り下げ次第でもっと注目を浴びるのではないか、という気がしないでもない。

*4:R18イラスト・漫画数/イラスト・漫画数

*5:という認識でいいですか

*6:イベント産のpSRのやつですね。

*7:そもそも恋鐘は自分の体型にコンプレックスを抱いている。こうした内面を含めて彼女を描こうとすると、全年齢向けの絵を描くのが自然だろう。

*8:霧子コミュのPは時折子供と遊んでいるパパのように思えてしまう。

*9:2chの実況板「なんでも実況Jupiter」でかつて乱立していたとされるネタスレだ。

*10:個人的には「まみみつ」ってしっくりこないんだけど沢山投稿されてるんだから仕方がない

*11:エッチなイラストは定期的にあさっている。