ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

【2020-2021世代・重賞馬】ラーゴム

ラーゴム

馬名:ラーゴム

父:オルフェーヴル 母:シュガーショック 母父:Candy Ride

調教師:斉藤崇史

馬主:林正道

生産者:ノーザンファーム

戦歴:2-2-0-0

主な勝ち鞍:きさらぎ賞

ラーゴム | 競走馬データ - netkeiba.com

世代の物差しポジションにいる馬。

ダノンザキッドに完敗したワンダフルタウンに差されてしまったという事実が重くのしかかる。本番では完璧に立ち回るだけでは厳しいかもしれない。

 

オルフェーヴルNashua≒Nantallah

オルフェーヴルMr. Prospector系の肌との相性がいいが、配合論的な根拠は母系に入るNantallah(グランマスティーヴンスの父父)がMr. Prospectorの母父Nashuaとニアリーであることに求められるだろう。

RobertoとミスプロとSpecial一族における、Nashua≒Nantallah的パワー増幅について再度 - 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

Nashua≒Nantallahがどういうクロスなのかは望田潤先生のブログを読んでほしい。

オルフェーヴル産駒の上級馬はNantallahに触れた配合が多い。マルシュロレーヌ以外の獲得総賞金1億円以上のオルフェーヴル産駒は母系にミスプロやロベルト、サドラーズウェルズ又はヌレイエフを持っている。

 

母シュガーショック

シュガーショックの血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com

母シュガーショックはMr. Prospector5×4・5、Fappiano4×4という配合。

Fappiano系こそがミスプロ系の覇者といってももはや過言ではないだろう。アメリカンファラオアロゲート等を輩出したUnbridledのラインだけでなく、亜流のCandy Rideからもガンランナーが出てきてしまった。

Mr. Prospector最良の血をクロスし、かつノーザンダンサーの濃いクロスを持たないシュガーショックの血統構成が、ノーザンテースト4×3のオルフェーヴルにマッチしたとのだろう。

ちなみに三冠馬コントレイルの母ロードクロサイトもFappianoのクロスを持つ(3×4)。