ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

【2020-2021世代・重賞馬】シャフリヤール

シャフリヤール

馬名:シャフリヤール

父:ディープインパクト 母:ドバイマジェスティ 母父:Essence of Dubai

調教師:藤原英昭

馬主:サンデーレーシング

生産者:ノーザンファーム

戦歴:2-0-1-0

主な勝ち鞍:毎日杯

シャフリヤール | 競走馬データ - netkeiba.com

毎日杯でレコード勝ち。好時計での毎日杯制覇は全兄アルアインと同じだが、1:43.9はいくらなんでも破格。ちなみに全兄同様に山本昌が出資しているらしい。

当日の馬場は1000m通過タイムが57.6にもかかわらず後継ラップとなるような超高速馬場だった。母がアメリカの最優秀短距離牝馬ドバイマジェスティだけにスピード決着は鬼だった。とはいえ反動が心配になる。

 

毎日杯はグレートマジシャンが勝つと思っていて、記事も用意していた。それゆえにシャフリヤールが勝ってしまったので頭を抱えてしまった。なぜなら、私にはディープ×ドバイマジェスティという配合が一切理解できないからだ。

 

ディープはStorm CatDanzigフレンチデピュティといったノーザンダンサー系のパワー血統との相性の良さで知られている。しかしながらドバイマジェスティにはノーザンダンサー系の血がPulpitの母系の奥の方にあるNijinskyだけ。

配合も代々アウトブリードが試みられていて、何がすごいのかはよく分からない。しかしながら1頭のクラシックホースとレコードホルダーが現に産まれている。