ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

ブログのPVを増やしたい/他

ブログのPVを増やしたい

最近はブログのPVを増やすことを意識してる。

そのために「ブログのPV増加のノウハウ」とか「SEO対策」なんてことを綴ったサイトを読んで勉強したが、自分の中でしっくりくるものがない*1。というわけで自己流のPV数アップ術を考え実践してみた。

twitterにリンク貼ってブログを読ませたい

ブログを更新するたびにtwitterで更新を告知している。ブロガーなら当たり前のようにやっていることだろう。

しかしである。当ブログにはtwitter経由のアクセスがほとんどない。これは単純に私のtwitterアカウントのフォロワー数が少ないことが原因だろう。

ならばフォロワー数を増やせばいい、と誰もが考えるだろう。それ自体は決して難しいことではない。手当たり次第にフォローを増やしていけば、何割かはフォローが返ってくるだろう。

ただフォローを返してくれたところで、私のブログを見てくれるだろうか?フォロワー一人一人と「この人のブログを読みたい」と思われるまでの関係性を構築するのは結構難しいように思える。

難しいといってもやることはシンプルである。早い話、フォロワーに媚びればいい。できないことはではない。心を無にし、相手に好かれるような言動を繰り返すだけである。その代わり、インターネットはより現実に近づくことになる。現実と同じように柵に縛られる場所として、インターネットが位置付けられてしまう。

フォロワーを増やさずにブログのリンクを踏ませる方法

しかし考えてみて欲しい。自分のツイートを見るのは、自分のフォロワーだけではない。パブリックサーチを通してツイートを見る人もいるだろう。見るだけに留まらず、「FF外から失礼します*2」といってリプライを送る人もいる。

これを利用する。すなわちパブサで引っ掛かりやすいワードを記事のタイトルに入れてtwitterで告知することによって、パブサでツイートを見つけた人に読んでもらうという戦略だ。

どんなワードがパブサされやすいのだろうか。普通に考えたら、話題性の高いモノについて人々は検索をかけるだろう。となればトレンドに乗っかる、というのが最適解だろう。

しかしである。私は小さい頃から「大して興味もないものについて言及するのはやめなさい」と教育を受けてきた。なので大して興味もないものについてはブログを書くことができない。となれば、自分が日ごろから関心を抱いていて、かつ人目を惹きやすいトピックスに着目する他にない。

tweetをアナリティクスする

そこで私はtwitterのアナリティクス機能を活用し、自分のどういったツイートのインプレッション(見られた回数)が多いのか調べてみることにした。すると驚愕の事実が判明する

f:id:joinus_fantotomoni:20200311205917j:plain

私のアカウント(@intoshite)をアナリティクス。みんなも俺のこと監視してええで。

なんと「鷲見玲奈アナ」の名前を出したツイートが他のツイートよりもインプレッションが多い傾向にあることが判明した。鷲見玲奈アナに限ったことではない。女子アナのフルネームをツイートするとどうもインプレッションが多い傾向にあるようだ。女子アナの名前を常時パブリックサーチしている性欲魔神がtwitterにはたくさんいるのだろう。

こわっ。

というわけで、上記のアナリティクスの結果を受けて先日書いた記事が「セント・フォースの鷲見玲奈アナ」である。

驚くことに「セント・フォースの鷲見玲奈アナ」は普段の競馬予想記事(ジョイナスのアソコだけの話)の10倍のアクセスをtwitter経由で集めている。女子アナの名前をパブサしているような方々が私の思惑通りにブログに流れてきている。物事が自分の思った通りに運ぶととても気分がいい。これからも女子アナの記事を書き続けようと思う。

3月12日はホースコラボレーター細江純子さんの誕生日


【教えて!ズンコママ!!】ズンコママ的馬体の見方!

3/12に45歳になられる細江さんの最近のプライベートは絶好調。某国ではなんと3人の男性にナンパされました。YouTube「スナックズンコちゃんねる」も絶好調です。ただ水上学のチャンネルに登録者数で差をつけられているのが気に入らない。なにが東大卒だ。こっちだって処女を卒業しているぞ‥‥ナンチッテ。

なにはともあれ‥‥

お誕生日おめでとうございます。益々のご活躍をお祈り申し上げます。

*1:「ユーザーが求めている情報を」とか言われても困る。俺が書きたいのはホソジュンコラムの二次創作だから。

*2:FF外から失礼されるのは正直好きではなかったが、ツイートを全世界に公開している以上、リプライを送られること自体に文句を言うのは筋違いではないか?と最近は考えている。