ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

【2020-2021世代・重賞馬】ダノンザキッド

ダノンザキッド

馬名:ダノンザキッド

父:ジャスタウェイ 母:エピックラヴ 母父: Dansili

調教師:安田隆行

馬主:ダノックス

生産者:ノーザンファーム

戦歴:3-0-0-0

主な勝ち鞍:ホープフルステークス東京スポーツ杯2歳ステークス

ダノンザキッド | 競走馬データ - netkeiba.com

ダービー馬はこの馬かエフフォーリアだと思ってる。

新馬戦で内に切れ込んで他馬に迷惑をかけたのだが、その瞬間の脚が印象的だった。ハーツクライ産駒は基本的にはスピードの持続力が秀でているが、この馬の場合は加速力も優れている。新馬を見ただけで「これはG1馬だ」と確信してしまった。

しかしながら逆手前でコーナーを曲がってしまったことや、管理する安田隆行厩舎が短距離・ダートに偏った実績*1だという点が不安。ダービー向きだとは思うが、先行力があるので手前問題さえ解決できれば皐月賞もチャンスがあるはず。

 

ハーツクライ×Danzig×Nijinsky

ダノンザキッドの母父Dansiliは父がDanzig系のデインヒル、母父がNijinsky系のKahyasiという血統構成。この2つの血はハーツクライジャスタウェイに相性がいい。以下はDanzigNijinsky持ちのハーツクライ産駒(又はジャスタウェイ産駒)の例。

[ハーツクライ]

[ジャスタウェイ]

配合論的な根拠は望田潤ブログで考察されてるので興味があったら読んでほしい。

デインヒルなハーツたち - 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

 

ハーツクライ×Danzig=早熟?

これは特にPOGとは特に関係ない話だが、ハーツクライ産駒といえば本格化してえげつなく強くなるイメージがある。しかしながらDanzig持ちのハーツクライ産駒は早期から活躍できる分、古馬になってパワーアップといったことがあまりないような気がする。

Danzig持ちのハーツ産駒G1馬はワンアンドオンリーヌーヴォレコルト、サリオスの3頭のみ。古馬になってからのワンアンドオンリーの惨状は語るまでもない。ヌーヴォレコルト古馬になってからの勝ち鞍は中山記念と北米のG3だけ。サリオスはこれからどうなるのだろうか。

*1:開業以来日本ダービー出走なし。リーディング上位常連だというのに…