ジョイナスのカラオケBOX

アサヒ芸能で連載中の「ホソジュンのアソコだけの話」の書籍化、ドラマ化、もしくはアニメ化を願うだけのブログです。

【2020-2021世代・重賞馬】バスラットレオン

バスラットレオン

馬名:バスラットレオン

父:キズナ 母:バスラットアマル 母父:New Approach

調教師:矢作芳人

馬主:広尾レース

生産者:三嶋牧場

戦歴:3-0-2-2

主な勝ち鞍:ニュージーランドトロフィー

バスラットレオン | 競走馬データ - netkeiba.com

前走NZTは0.9秒差の圧勝。これまでは世代の善戦マンという立場にすぎなかったが、NHKマイルでは上位人気になるだろう。

 

藤岡佑介

news.netkeiba.com

全3勝は逃げ戦法によるものであるが、上の鞍上・藤岡佑介インタビューを読む限り本番でどういう位置取りをするかはまだはっきりとしていない様子。

藤岡佑介の逃げといえば、13年桜花賞サマリーズの騎乗を思い出す。武豊騎乗の1番人気のクロフネサプライズに対して一歩も引かず、結果は最下位。昨年のスプリンターズSでもビアンフェで逃げるモズアスコットに競りかけハイペースを演出した。人の良さそうなツラをして、やると決めたら天下の武豊が相手でも喧嘩を売る。これが自分の藤岡佑介のイメージだ。

ピクシーナイト陣営が控えることを明言してしまったため、先陣を切るのはバスラットレオンかルークズネストのどちらかになるだろうか。個人的にはルークズネスト鞍上の幸英明にも「どうぞ、どうぞ」と譲る印象はない。